AKO 大津年輪の会

・・・18年度竹炭作り・・・
18年9月8日(釜の火入れ)

朝早くから年輪の会の皆さんが集まって竹炭作りの作業をされました。
8時過ぎから、春に伐採して乾燥させていた孟宗竹を釜詰めして、
火入れは翌朝5時と決めているそうです。
釜の温度が難しいそうで、ある温度で7時間〜8時間蒸し焼き状態を続け、
温度が上昇してきて、煙の色具合を見ながら、
ある一定の温度に達すれば、火を止め釜を密閉します。
以前、密閉に失敗し灰にしてしまった経験が有るそうです。

作業の後の麦茶の一杯がとても美味しそうで・・・
皆さんの晴れ晴れとした笑顔が印象的でした。
煙突から出る煙を見ながら、「いい炭が出来ますように」と願いました。

NEXT